2022 バレンタイン プログラミング チャレンジ

 

 

プロチャレ2022バレンタイン第1位作品

2022年最初のプロチャレはバレンタインチャレンジ。今までのチャレンジとは180度変わり、SDGsに切り込んだテーマが採用されました。そのテーマは「あなたが気になるSDGsの大切な事実を1つ紹介しよう」。
作者である小学5年生の彼は、SDGsのテーマN015「陸の豊かさを守ろう」を選択し、様々な課題を問題形式で訴えかけます。その手法が驚くことに、RPGゲームを作っていくという斬新な発想で、15名の審査員からの総合の部得票数で断トツの1位を獲得する結果になりました。
敵を倒すためにはクイズに答える必要があり、楽しくSDGsが学べ、またラスボスのデザインも秀逸であり、断トツの1位獲得が納得できる素晴らしい作品です。

 

審査員

「2022 バレンタイン プログラミング チャレンジ」では、15名の審査員により審査を実施いたしました。

審査委員長 井本一志 NPO法人BLA理事長 / 株式会社士心 代表取締役
審査副委員長 髙橋敏行 NPO法人BLA副理事長 / en world Japan, K.K. アソシエイトディレクター
審査副委員長 林一樹 NPO法人BLA理事 / ソニックソリューションズ株式会社 代表取締役社長
一般審査員 斎藤幸輔 コードキャンプ株式会社 CodeCampKIDS 事業統括責任者
一般審査員 片山旭 ZVC Japan株式会社 CSM
一般審査員 東翔平 株式会社ベイカレント・コンサルティング マネージャー
一般審査員 岡本崇 一般社団法人MATCH-ENCER(自己之研鑽合同会社) 代表理事
一般審査員 平野智久 株式会社プロトリーフ 課長
一般審査員 石川英徳 合同会社ツーノット 代表
一般審査員 永島亜紀 ピュア・ストレージ・ジャパン リクルーター
一般審査員 藤本ちひろ エンワールド株式会社 プリンシパルコンサルタント
一般審査員 鈴木和隆 PCN鎌倉 代表
一般審査員 渡辺由紀子 YUKI model agency 代表
一般審査員 石塚高広 一般社団法人みんな天才化機構 スーパーバイザー
一般審査員 森谷哲 一般社団法人ココロエデュケーションラボ 代表理事

 

全作品&審査員コメント


 

2021 バレンタイン プログラミング チャレンジ

 

プロチャレ2021バレンタイン 第1位作品

バレンタインチャレンジのテーマは「2021年の目標を宣言しよう!」。
バレンタインのチョコキャラをデザインし出現させることと、2021年の目標を組み込むことが条件となっています。
そんな中、作者である小学5年生の女の子が驚くアイディア構成で作品を作り上げています。それも「1分間クッキング」。わずか1分で、チョコレートを溶かし、型に入れて、冷蔵庫で冷やしながら、バレンタインチョコを作っていく流れを、なんとユーザーに操作させながら進めていくという、ゲーム性も感じる非常に驚く作品となっています。
まさに女の子ならではのセンスで、審査員も驚きの作品です。

 

 

バレンタインチャレンジメインページへ戻る